ボクシング

【必見】ボクシング初心者が必要なものとは!?【必要なもの紹介】

ショウタ
これからボクシングを始めていきたい方

「体重が増えてしまった。このままじゃだめだ。スポーツジムは続かなかったから、ボクシングジムでストレス発散しながら、ダイエットできないかなぁ。始めるにあたって、何が必要なんだろう。聞ける知り合いもいないし、なんだか不安だな。

 

このような疑問を解決する記事です。

 

私は、現在、27歳の男です。

格闘技未経験で25歳の時にボクシングジムに通い始め、今もなお、継続しています。

初めてボクシングジムへ入った時のことを、鮮明に覚えていますので、ボクシング初心者の不安がとても良く分かります。

 

ボクシング初心者が必要なものって何!?【一日体験で必要なもの】

 

ボクシングを始めようと思ったら、興味のあるボクシングジムへお問合せしてみてください。

「一日体験をしたい」と連絡をすれば、必ずさせてもらえます。

ボクシングジムの一日体験で必要なものを、紹介していきます。

 

必要なモノ

  1. 軍手
  2. 室内シューズ
  3. 飲み物(水、お茶、スポーツドリンク)
  4. タオル
  5. 運動できる服
  6. 体験費

以上です。

1つづつ、紹介していきます。

 

【ボクシング初心者が一日体験で必要なもの】1.軍手

手を保護するために、軍手が必要です。

軍手をはめてから、グローブを付けます。

 

ショウタ
グローブするから手は保護されるんじゃないの?

 

いくらグローブを付けていようと、グローブの中が素手だと、ケガをします。

サンドバッグを叩くと、手が痛くなり、手の皮がめくれてしまう場合もあります。

軍手は、手を保護するために必要です。

 

また、ボクシングジムで貸してもらえるグローブは、汗を吸って、臭いです。

手が臭くなってしまうことを防ぐためにも、軍手を持参しましょう。

 

【ボクシング初心者が一日体験で必要なもの】2.室内シューズ

運動できる室内シューズが必要です。

外履きの靴でボクシングジムに入ると、ジムを汚してしまうので、NGです。

 

ショウタ
室内シューズなんてもってないよ

 

という方は、外履きの靴を洗ってキレイにしてから、使用しましょう。

運動しやすい靴が良いので、ランニングシューズがおすすめです。

 

【ボクシング初心者が一日体験で必要なもの】3.飲み物

ボクシングは、とても汗をかくスポーツです。

夏場は特に、熱気がこもって暑い。

飲み物を飲みながらでないと、ボクシング初心者は熱中症になりやすいです。

 

スポーツドリンクであれば、熱中症のリスクを避けられます。

練習中に飲み物を飲んで、怒られるようなことはありませんので、必ず飲み物を持参しましょう。

 

【ボクシング初心者が一日体験で必要なもの】4.タオル

汗を拭くために、タオルを持っていきましょう。

汗を拭かずにボクシングをやっていると、ジムの床に汗を垂らしてしまい、汗で滑ってしまいます。

また、鏡の前でシャドーボクシングをしていると、自分の汗が目の前の鏡に飛んで、鏡を汚すことになるでしょう。

 

しかも、体を動かしている最中に、目に汗が入ると目が染みて痛くなり、涙が出てきます。

「あの人泣いてる・・・」と思われてしまうので、汗をタオルでこまめに拭きましょう。

タオルは、リングのロープにかけておくと良いです。

 

【ボクシング初心者が一日体験で必要なもの】5.運動できる服

動きやすい服で、汗を吸いやすいような素材であればOKです。

スポーツウェアーであれば、なお良いです。

 

夏場であれば、半袖・半ズボンで良いでしょう。

冬場であれば、上は長袖で、下はスポーツスパッツの上に半ズボンを履くと良いです。

ジャージなどを履いてしまうと、激しく動くボクシングでは体を動かしにくいです。

 

実際、ボクシングジムではほとんどが、同じような格好でボクシングをしています。

ボクシングをすると、すぐに暑くなるので、「少し薄着かな?」と思うぐらいでちょうど良いです。

 

【ボクシング初心者が一日体験で必要なもの】6.体験費

おそらくどこのボクシングジムでも、一日体験費を払う必要があります。

相場は、500円~1,500円程度です。

キャンペーンで、「一日体験無料」という場合もあるので、ボクシングジムのホームページやSNSを確認してみましょう。

 

ボクシング初心者が必要なものって何!?【ジムに入ってから必要なもの】

 

ここからは、ボクシングジムへ入ってから必要なものを紹介していきます。

すべてがすぐに必要というわけではないので、徐々に揃えていければ良いでしょう。

 

必要なモノ

  1. バンテージ
  2. グローブ(10オンス)
  3. レスリングシューズ
  4. マウスピース
  5. ジム代

 

以上5点です。

もしすでにボクシングジムへ通うことを決めている人は、これだけ先に揃えていても構いません。

1つずつ紹介していきます。

 

【ボクシング初心者がジムに入ってから必要なもの】1.バンテージ

バンテージとは拳を保護するために巻く、包帯のようなものです。

一日体験では、バンテージの代わりに軍手を使用しても良いですが、自分のパンチが強くなるにつれて、軍手では自分の拳を守り切れなくなります。

バンテージを使用することによって手首の強度も増すので、ケガの防止とパンチ力アップのために必要です。

詳しくはコチラ

 

【ボクシング初心者がジムに入ってから必要なもの】2.グローブ(10オンス)

ボクシングジムへ入ったら、マイグローブを買いましょう。

ジムの貸し出し用のグローブを使用しても良いですが、自分のグローブというだけでかなりテンションが上がります!

マイグローブは自分の手の形に馴染むので、とても使いやすくなるでしょう。

ボクシングジムへ通うほとんどの人が、マイグローブを持っています。

 

大きさは、10オンスが良いです。

革が薄い8オンスは初心者が使用すると、手を痛めてしまいやすいです。

逆に、革が分厚い12オンス以上だと、重いので初心者は腕が疲れやすいでしょう。

 

詳しくはコチラ

 

【ボクシング初心者がジムに入ってから必要なもの】3.レスリングシューズ

レスリングシューズとは、その名の通りレスリングで使用するシューズです。

ランニングシューズ等を使用しても良いのですが、レスリングシューズの方がリングとの相性が良いです。

リングを足で掴むことができるので、パンチ力がアップします。

 

本格的なボクシングシューズは値段が高いです。

レスリングシューズでも機能に大差はないので、初心者はまずレスリングシューズを買うことをおすすめします。

 

詳しくはコチラ

 

【ボクシング初心者がジムに入ってから必要なもの】4.マウスピース

ショウタ
いつかスパーリングをやってみたい!

という人は、早めにマウスピースを作っておくことをおすすめします。

 

マウスピースに慣れていない最初のうちは、違和感を感じるでしょう。

早いうちに、練習中からマウスピースを使用して、慣れておくと良いです。

そうすれば、マウスピースの違和感を感じることなく、スパーリングにのぞむことができるかと思います。

 

詳しくはコチラ

 

【ボクシング初心者がジムに入ってから必要なもの】5.ジム代

多くのボクシングジムは、月額制です。

相場は、9,000円~13,000円程度。

入会費として、およそ10,000円程度必要です。

 

ジムが開いているときは、何度行っても良いですし、トレーナーは一人一人にアドバイスをくれます。

ジムによっては、ジムが開いていなくても自主練習として、ジムを開けてくれるところもあります。

本格的なプロを目指すこともできるので、決して高くはない価格帯です。

 

 

というわけで、今回は以上となります。

この記事が、ボクシングを始めたい人にとって、一歩踏み出す手助けになれば嬉しいです。

 

-ボクシング
-,

Copyright© 脱初心者!ボクシング教室 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.